穏やかな日常 朝の美術館。
a0019022_2312442.jpg

2月25日の朝、市場へ行くついでに、図書館&美術館へ立ち寄りました。



a0019022_2313726.jpg

ある言語学研究者の本が、展示されている場所です。
その研究者は、3歳の頃からいろんな書物が読めた天才で、22歳の若さで博士号を取得しました。
12歳の頃から本をコレクションし始め、42000冊近くの本が保存されています。
16世紀~19世紀のアンティークの書物が壁一面にズラリと並んでいて、当時の空気を醸し出している場所です。
彼の死後、その書物が後の研究者達に役立てられるように、市に寄贈されて今に至ります。


今では、街の学校の名前になっている有名な人物です。


a0019022_2314730.jpg

重厚な門。
入ってすぐ右側に、美術館があります。
始めに、美術館へ行ってきました。

地下・地上0階~2階迄、絵画や写真・服・オブジェという様々な作品が展示されていて、おもしろかったです。
ここの美術館は、無料で楽しめます。^^
有名どころで言いますと、Francisco de Goyaの大きな絵も飾られていました。
フェルナンド7世を描いたものです。


200年前の絵から現在の絵・写真等、ごちゃまぜに展示してあったので見にくかったのですが、そこがまたこの国の個性が出ていて楽しめました。笑


美術館を出た後、楽しみにしていた図書館へ・・・・



a0019022_2315783.jpg

外の壁には、詩人や研究者達の姿。
鳥の糞がいっぱいかかっちゃってますが・・・・。


a0019022_232845.jpg




a0019022_2321714.jpg




a0019022_232285.jpg

正面にある図書館への階段を上ります。


a0019022_2323773.jpg

上がってみると、柵が閉まったまま・・・・。


a0019022_2324668.jpg

中に入れる時間が、シフトで決められていました。
因みに、朝しか開館しません。
この時点で11時半を過ぎていたので、中に入ることが出来ませんでした。
メインで見に来たかったのは、こちらの方だったんですけど。笑


それでも中の様子が、柵の間から見ることが出来ました。^^



※中の様子の動画を見つけましたので、著作権云々がありますから街・村のあれこれに載せておきます。



a0019022_2325669.jpg

マンションの間の道を通って帰りました。
市場へ行くと、毎回この道を通ります。
バスに乗ると海岸線沿いを走ったり、他のバスも遠回りして走るので、帰るのに40分以上かかるんですよね~。
歩いた方が、早いです。
階段の下も坂が続いていて、登りきってもさらに坂が続いています。
野菜の沢山入った袋を、両手に持って登るのはけっこうきついんですよ;;;008.gif
石畳の階段も、ゴツゴツしていて歩きにくいです。
だけど、ここが一番の近道。
しょうがないです。


声をかけられるのが億劫というのもありますが、これも私が街を遠ざけてしまう一つの理由です。笑
下りて行くのはいいんですけど、上がるのが大変ですからね。
灯台の丘へいく道より、勾配がきついです。


なので散歩はいつも、坂の少ない公園や浜辺ばかりになります。




午前中はとても良い天気だったんですけど、12時を過ぎたら急に曇り始めました。
13時頃には、どしゃぶりの雨になりましたよ。
雨が降る前に、帰ってきて良かった~。^^
[PR]
by mirakurupurin | 2014-02-26 03:17 | ★穏やかな日常 - De dia... | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 図書館の中。 穏やかな日常 感動の一日。 >>



穏やかな日常生活と、ハンドメイドの記録です。^^
by purin