羊毛フェルト ねこ鍋敷き
a0019022_5345373.jpg

四角をベースにして作ったら・・・
下膨れねこが出来上がりましたよ~;;;
針で突いているうちに、顔がどんどん伸びていってしまった・・・。笑









a0019022_535742.jpg

最初の顔。
私の場合、何か土台が無いとイメージしにくいので、まずは茶色の四角を作りました。
この上にどんどん色を乗せていきます。









a0019022_5351758.jpg

四角の中に猫の顔だけ作ろうと思ったんですが、出来ていくうちに耳も欲しくなって結局飛び出しました。
最終的に、舌も飛び出しちゃいますけどね。011.gif










a0019022_5352828.jpg

茶色の土台に、白・グレー・こげ茶・肌色・オレンジ等の色を適当に混ぜて置いていきます。










a0019022_5353968.jpg

色を混ぜる時の道具はこれ。
羊毛を梳かす櫛ではなくて、玉ねぎをみじん切りにする道具なんですよ。
とても解し易いです。^^


手芸屋さんで似たような形の櫛を購入すると、5倍程の値段がするのでキッチン用品で代用しました。










a0019022_5355570.jpg

その他にも、猫の毛を梳かすブラシと櫛もあります。
こちらはフェルト化に失敗した時、大活躍する道具。
簡単に解れますよ。^^
あとは絨毯に付いている埃や、髪の毛を取るときにも便利。








a0019022_536525.jpg

裏側の顔。
この後、石鹸水で擦って仕上げようかと思いましたが、猫のふわふわ感が消えてしまうのでこのまま終了。









a0019022_5361482.jpg

ちょうどいい大きさに出来ました。










a0019022_536267.jpg

鍋敷きとして作ったんですけど、玄関の所にある椅子の上に乗せてみたらなんかしっくりきた。
ドアを開けると、舌を出した猫が出迎えてくれます。^^
[PR]
by mirakurupurin | 2016-01-17 06:17 | ★羊毛フェルト - Fieltro
<< 穏やかな日常 1月20日の散歩 おもしろいもの15 脳テスト >>



穏やかな日常生活と、ハンドメイドの記録です。^^
by purin